大掃除に行いたい電気の安全チェック!

師走に入り、徐々に気忙しくなってきましたね。

その中でも気になるのが大掃除・・・

今回はこの大掃除を機にご家庭でもできる電気の安全確認のお話です

 

普段何気なく使用している電気

安全に使用できていれば問題ありませんが、火を使わない電化製品も使い方に誤ったり、長期使用で部品などが劣化した場合、火災や事故の原因になることがあります。

電気事業法では定期的(4年に1回以上)に漏電調査を実施することが定められており、広島では一般財団法人中国電気保安協会が中国電力株式会社から委託を受けて行っています。

 

まずご家庭で電気を安全に使う為の機器についてご紹介します。

こちらが住宅用分電盤です

ご自宅のどこにこの分電盤が設置されているかご存知ですか??

いざと言う時の為に、設置場所を確認しましょう。

 

その内の漏電遮断器です

漏電遮断器は、発電所から送電された電気がプラスの電線を通ってテレビや電球に流れ、マイナスの電線を通って発電所に戻ります。

その途中一部の電気が地面に流れた時、すばやく電気を遮断して感電や火災を防ぎます。

 

そして安全ブレーカー

安全ブレーカーはショートや電気の使い過ぎの時、すばやく電気を遮断します。

 

では、電気の安心ガイドブック(中国電力・中国電気保安協会発行)を参考にご家庭の漏電遮断器が正確に作動するかチェックしてみましょう。

 事前に電気器具のプラグをコンセントから抜く。

 安全ブレーカーのつまみを全部「切」にする。

 漏電遮断器のテストボタンを押す。(漏電遮断器のつまみが下に降りれば正常です)

 漏電表示ボランを押し込む。

 漏電遮断器のつまみを「入」にする。

 安全ブレーカーのつまみを「入」にする。

 電気器具のプラグをコンセントに差し込む。

 

電化製品のコードは釘や留め具で固定すると、コードが押しつぶされて内部が断線したり、過熱・発火する恐れがあります。

またコードとコードを直接ねじって繋ぐと内部がショートしたり同じく過熱・発火する恐れがあり、大変危険です。

 

安全に電気を使用する為、大掃除の際に漏電遮断器のチェックを行ってみてはいかがでしょうか

 


[2014.12.05]
  

エアコン工事のお申し込み〜工事完了まで

未経験者オッケー社員募集中!

業務拡張に伴いエアコン工事の協力店募集中!

エアコンバードラインナップ
エアコンバードご利用ガイド
エアコンバード対応エリア
都道府県名をクリックするとマップが表示されます。
広島県 広島市(中区、西区、東区、南区、安芸区、安佐南区、安佐北区、佐伯区)/安芸高田市/大竹市/尾道市/海田町/北広島町/熊野町/呉市/坂町/竹原市/廿日市市/東広島市/福山市/府中市/府中町/三原市/三次市
岡山県 岡山市(中区、東区、南区、北区)/笠岡市‎/倉敷市/総社市/瀬戸内市/備前市/‎赤磐市/浅口市/井原市/里庄町/玉野市/早島町/矢掛町/和気町
山口県 山口市/岩国市/下関市‎/周南市/美祢市/下松市/光市/柳井市/防府市/宇部市/山陽小野田市
島根県 松江市/安来市/出雲市‎/雲南市
鳥取県 境港市/米子市/鳥取市
【注意】その他地域は要相談。離島は別途出張費がかかります。